カテゴリー「08)米」の4件の記事

風に揺れる稲穂から

U6ic_inaho 朝晩、肌寒いぐらいになりました。

9月の天候は、どうやら平年並みか、それよりも暖かい様ですので、稲の生育にも期待が持てそうです。


水田の中にいると、太陽の光が、格別心地よく感じられました。

そして、風に揺れる稲穂から、ほのかにモミの香りが運ばれて、秋の気配が感じられます。


また、子どもの頃、水田の中にうずたかく積まれた稲ワラの中で、夕暮れまで遊んだ事を思い出しました。


>>> 心と体と大地にやさしいお酒、日本酒! <<<

>>> 応援クリックお願いします m(_ _)m <<<


最近、ツイッター(Twitter)も更新していますのでご覧下さい。


Banner_02


  << SakeStyle  美酒を醸し出すべし >>
〜古くからこの国で育まれてきた日本酒の話題を中心に!〜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

稲穂の背比べ!

Img_0304_seikurabe お盆頃からの好天が続き、美山錦もだいぶ元気が出てきたみたいです。
といっても、7月の日照不足などの影響がどの程度になるか ...

幸い、長野県は南北に長いので気象条件もかなり異なりますので、全体として問題の無い水準になって欲しいものです。


さて、最近の美山錦の状況ですが、写真の様に生育してきてます。

左隣は、「あきたこまち」ですが、分かりづらいかもしれませんが、稲穂一つ分?ぐらい美山錦の方が、背が高いといったところです。


ところで、エルニーニョ現象の年は、台風が東寄りになるそうですので、倒伏の危険性が、例年より高いかもしれません。

順調な年は、これほど心配しないのですが、出来ることが限られるので、足が田んぼに向いてしまいます。


「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」

 (作者不明だそうですが、気になる方はこちらの「今月の一言」をご参照ください。)


そんな言葉が、思い浮かびました。


>>> 心と体と大地にやさしいお酒、日本酒! <<<

>>> 応援クリックお願いします m(_ _)m <<<


最近、ツイッター(Twitter)も更新していますのでご覧下さい。


Banner_02


  << SakeStyle  美酒を醸し出すべし >>
〜古くからこの国で育まれてきた日本酒の話題を中心に!〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美山錦 出穂中!

Img_0244_miyama ようやく夏らしさを感じるこの頃ですが、今日は、夕立があったせいか、今ではスッカリ涼しくなってしまい、どことなく秋を感じるほどです。


さて今年は、7月末の時点での「コメ予想作況指数」が、「やや不良」と予測され、例年以上にお米の状態が気になっていましたが、どうやら原料米の「美山錦」もかなり出穂してきているようです。


美山錦は、長野県で育種した酒米で県内をはじめ、県外でも広く栽培されており、コシヒカリなどに比べて早稲になり、東日本向きの品種と言えるかもしれません。


いずれにしても、好天に恵まれ、美酒を醸せることを願っています。


>>> 心と体と大地にやさしいお酒、日本酒! <<<

>>> 応援クリックお願いします m(_ _)m <<<


最近、ツイッター(Twitter)も更新していますのでご覧下さい。


Banner_02


  << SakeStyle  美酒を醸し出すべし >>
〜古くからこの国で育まれてきた日本酒の話題を中心に!〜

| | コメント (2) | トラックバック (1)

酒造好適米の作柄

 ガソリンが、長野県内でも一斉に値上げされ、156円の所もあるようですが、まだ上昇する可能性もあるようなニュアンスの記事が出ています。(信濃毎日新聞 参照)

 一方、県内の酒蔵では原料米が心配されています。
 どうやら "酒造好適米"(お酒造りに適したお米) が、不足している様なのです。

 地元の飯米(コシヒカリ、あきたこまち)でも、品種によって作柄に差が出てしまったようで、今年は、むしろコシヒカリの方が収量が良かったようです。

 農作物の難しさなのですが、温暖化による気象変化の影響があるのかもしれません。

Banner_02

応援クリック お願いします <(_ _)>

  << SakeStyle  美酒を醸し出すべし >>
〜古くからこの国で育まれてきた日本酒の話題を中心に!〜

| | コメント (1) | トラックバック (0)