« 長野の酒メッセ in 長野 2008 <セミナー:葉石かおり 氏> | トップページ | 日本酒の香り。 »

リラックス・癒し効果が、一番高いお酒、日本酒 !!

 「長野の酒メッセ in 長野 2008」のセミナー(講師:葉石かおり 氏)の中で、「ストレス」を和らげる成分「アデノシン」が次のように紹介されました。


 『ストレスの緩和効果が高く、日本酒は、他のお酒と比較しても「アデノシン」が一番多く、リラックス・癒し効果が高い。』


 さて、この「アデノシン」ですが、これは、核酸(細胞やウイルスの遺伝物質として生命現象に重要な役割を演ずる有機化合物)の一種で、毛細血管の拡張を促す物質です。


 実際の活用例では、資生堂『アデノゲン』で「アデノシン」の育毛効果が利用されています。
(資生堂研究所「化粧品を支える技術開発」:育毛研究 参照)


 実際のお酒別の含有量は、次のようになっています。

 <アデノシンの含有量(単位:μg/ml)>
 (数値は、DNA内、RNA内、合計)

 日本酒
  11.60、89.14、100.74
 ウィスキー
  6.42、81.13、87.55
 ワイン
  2.39、65.40、67.79
 焼酎
  3.30、7.72、11.02

 これは、『知って得する 日本酒の健康効果』(作成:日本酒造組合中央会)で紹介されているデータで、「日本酒に含まれる有効成分の研究」では、文章で紹介されています。
(これらの研究は、奥田拓道 教授(愛媛大学医学部)が中心になって行われました。)

 残念なことにこの資料では、ビールが含まれていなかったり、焼酎が「連続式蒸留」なのか、「単式蒸留」なのかよく分かりませんが、焼酎に比べると9倍以上、ウィスキーと比べて1.2倍 近く含まれています。(合計数値で比較)


 そして、この「アデノシン」が、「強い驚きや心配事、寝不足などのストレス」から分泌されるホルモン(ノルエピネフィリン 又は、ノルアドレナリン)による血管収縮を阻止する効果があります。

 また、更年期に起きやすい肩こり、冷え性、偏頭痛などの改善も期待できます。


Banner_02


>>> 心と体と大地にやさしいお酒、日本酒! <<<
>>> 応援クリックお願いします m(_ _)m <<<

  << SakeStyle  美酒を醸し出すべし >>
〜古くからこの国で育まれてきた日本酒の話題を中心に!〜

|

« 長野の酒メッセ in 長野 2008 <セミナー:葉石かおり 氏> | トップページ | 日本酒の香り。 »

40)日本酒 と 健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204774/42901651

この記事へのトラックバック一覧です: リラックス・癒し効果が、一番高いお酒、日本酒 !!:

« 長野の酒メッセ in 長野 2008 <セミナー:葉石かおり 氏> | トップページ | 日本酒の香り。 »